雨漏りの5つの原因とは?事前対策と起きてしまった時の対策を解説

雨漏りの5つの原因とは?事前対策と起きてしまった時の対策を解説

雨漏りを放置していると、建物内部で広い範囲にわたって浸水してカビが発生したり、建築材の腐食に繋がったりする恐れがあります。雨漏りを見つけたら放置したり自分の手で何とかしようとしたりはせず、すぐに業者に処置を依頼するようにしましょう。この記事では、雨漏りが起こる原因と事前にできる対策、雨漏りが実際に起きてしまった時の対策について詳しく解説します。

雨漏りの原因とは?

雨漏りとは、建物内のある部分から雨水が漏れ出してくることをいいます。天井から雨水がしたたり落ちてくるイメージから、多くの方が雨漏りの原因は屋根にあるのではないかと思われるでしょう。しかし、雨漏りの原因は実にさまざまです。そこで、代表的な5つの原因について建物の部分別にご紹介します。

屋根

以前よりも屋根技術は高まっていますが、適切なメンテナンスがされていないと、毎日紫外線や強風にさらされる屋根にはヒビや欠け、ズレなどといった破損箇所が生じます。この破損個所を放置していると屋根の下地が露出したままになり、天井裏に雨水が染み込んで雨漏りしてしまうのです。

ベランダ

ベランダも屋根と同様に紫外線や強風にさらされる部分なので、ヒビやはがれといったちょっとした箇所を放置していると雨漏りの原因になってしまいます。とくにベランダの排水口をホコリや落ち葉などで詰まったままにしていると、雨水がベランダに溜まったままになってわずかなヒビから浸水する可能性があります。

サッシ枠

サッシ枠とは、窓ガラスを支えている枠のことです。このサッシ枠と外壁の間を埋めているコーキングが劣化して、縮んだりひび割れが生じたりした部分から雨水が入ります。そして、内部にある防水シートの隙間を通って雨漏りが起こることがあります。サッシ枠は雨水が当たりやすいだけでなく溜まりやすい部分なので、よく雨漏りが起こりやすい箇所です。

給排水管

給排水管自体は水漏れしにくいように設計されています。しかし、外壁を貫通させる設置となっていることが多いため、給排水管付近の外壁から雨水が入り込んで防水シートにまで浸水被害が及ぶことがあります。給排水管の破損部分を探しても見つからない場合は、付近の外壁にヒビや劣化したコーキングがあるケースがほとんどです。

天窓

天窓は太陽光をうまく取り入れて明るい空間を作りますが、天窓の周囲のサッシ枠から雨水が入り込んで、雨漏りの原因にもなります。手が届かない天窓はメンテナンスを忘れがち。10年に一度は点検して状態を見てコーキングのやり直しや外壁塗装を行う必要があります。

雨漏りが起こらないようにするための事前対策とは?

雨漏りを発見したら、すでに建物内部で広い範囲にわたって浸水している可能性があります。カビの発生や建物内部の腐食に繋がりかねないので、雨漏りが起こらないように日頃から外壁にヒビやはがれがないか確認しておきましょう。また、確認できない屋根については業者に点検を依頼することがおすすめです。

点検だけでなく、適切なメンテナンスも雨漏り対策には非常に有効です。外壁や屋根の表面に施してある塗装の防水効果が失われる前に塗り直すことで、雨漏りを防止するだけでなく建物の寿命も延びたり、新築のような外観を取り戻したりすることができます。

雨漏りが起きてしまった時の対策とは?

もし雨漏りを発見してしまったら、水がしたたり落ちてくる場合はまずバケツで水を受け、今以上に水浸し箇所を広げないようにしましょう。バケツで水を受けていると周囲に水が跳ね返ることもあるので、雑巾やタオルを敷いておくのも忘れてはなりません。

雨漏りの原因や浸水範囲を突きとめるのは難しいことなので、自分で何とかしようとするのでなく必ず業者を呼ぶようにしましょう。台風通過後に屋根瓦が落ちていると、「これを元の場所に戻るだけでいいのではないか」と判断する方もいますが、雨水で濡れた屋根に上るのは滑りやすくて非常に危険です。また、屋根の下地から修理する必要があるので、屋根瓦を元の位置に置いたところで雨漏りは改善しません。

雨漏りが起きてしまった時には業者に依頼し、根本的な解決を図るのが一番です。

まとめ

雨漏りの原因は屋根の破損箇所やベランダのヒビ、サッシ枠の劣化などが挙げられます。日頃から外壁や屋根の点検・メンテナンスをしておくと、雨漏りの防止だけでなく建物の寿命も延ばすことができるので、事前対策はとても大切です。

もし雨漏りを発見してしまったら、バケツでしたたる水を受けて水浸し箇所を広げないように応急処置をした上で、業者に依頼しましょう。原因や浸水範囲を突きとめることは難しいので、業者に依頼して根本的な解決を図るのがおすすめです。

雨漏り修理なら神奈川県藤沢市にある「株式会社小泉板金」にお任せください。弊社は屋根リフォームや雨漏り補修工事を専門としており、豊富な施工実績があります。ご相談は無料で承っております。「これって雨漏りかな?」「外壁のヒビが気になる」など些細なことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

2022年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930