ホーム > おすすめリフォーム紹介

おすすめリフォーム紹介

介護リフォーム

介護リフォームをする目的

高齢者や介護が必要になった方とそのご家族が、快適で安全な介護が出来るようにお家の環境を改善するためのリフォームです。
今までは何の不自由も感じなかったお家が、年齢や感覚機能の低下が原因で障害だらけになってしまうことがあります。
介護リフォームをすることで不安や危険という精神的負担を軽減することも出来ますし、ご家族が在宅介護をする際の心身の負担を軽減することが出来ます。

①家庭内の事故を防止するために出来ること

敷居や階段などの段差は転落や、つまずきを招く場合があります。 高齢者の方では骨折しやすくなったり、寝たきりになることもあります。 そこで手摺りや段差解消の設置をすることで、この不安を解消することが出来ます。

②自立しながら生活する

危険が家の中になくなれば、自立度が向上し、自分で行うことも増えるのでリハビリにも繋がるようです。

③家族にゆとりが生まれる

肉体的にも精神的にも、介助するご家族の負担が少なくなることで、介護をし易くなり、ゆとりが生まれるというメリットがあります。
介助者のためにも家の中をバリアフリー化して手摺りを取り付ける、段差を無くす、加えて、浴室を広めにすることが出来ます。そうすることで介助者の負担が軽減されます。

介護保険(住宅改修補助)を利用する

介護保険で利用できる住宅改修の範囲は・・・

1、手摺りの取り付け
2、段差の解消
3、滑り防止及び移動のための床または通路面の材料の変更
4、引き戸等への扉の取替え
5、洋式便器等へ取替え
6、その他、上記工事に必要な下地補強や給排水設備工事等

支給の対象となる改修費の限度額は、要介護状態の区分にかかわらず、1住居あたり20万円(支給額は9割の18万円まで)です。
20万円を超える工事の場合は超えた部分は全額自己負担になります。
介護保険の利用に関する手順については小泉板金HP内の介護保険における住宅改修についてをご覧ください。
小泉板金の施工事例はこちら

その他

ヒートショック対策・・・脱衣所やトイレの暖房、浴室暖房、家全体を暖める床暖房は更に効果があります。
内窓施工(二重の窓にするとお部屋の温もりが逃げ難くなります)
床暖房システムについてもいろいろな施工方法がございますこちらもご覧ください。<床暖房>
小泉板金の施工事例はこちら

※お家の状況とご予算次第でいろいろとリフォームは出来ますので、お気軽にご相談ください。

床暖房リフォーム

こんな方にオススメ!

●冷え性や腰痛、関節痛でお困りの方

床暖房は自然の温もりで足元から全身を暖めるため血流を良くし、冷え性や、腰痛、関節痛を和らげる効果もあります。

●ヒートショック対策に最適

脱衣場・洗面所・トイレ・玄関ホールにも床暖房施工をすれば、空気をエアコンのように乾燥させたり、埃を舞い上げたりはしないので、安心です。特にヒートショックになりやすい寒暖の差を無くすために優れています。(お好みで設置場所は選ぶことが出来ます。)

●快適にいつも過ごしたい

起床した時から快適な温度に部屋全体を設定しておくことが可能です。 また、室内が暖かいと軽装で済むので、動きも自然に軽やかに、エアコンより料金が安くなるというメリットもあるんです。

床暖房の種類と特徴

○温水式(ガス)→電気式に比べるとランニングコスト(使用時の光熱費)が安くなります。
○温水式(石油)→電気式に比べるとランニングコスト(使用時の光熱費)が安くなります。
○電気式(電気)→温水式に比べるとイニシャルコスト(設置費用)が安くなります。
        暖まり方が温水式と比べて早く、設置時の工事期間も短くなります。

どちらも、お客様のお家の状況で異なる場合がありますので、設置をお考えの際には、ご相談頂けると、お客様一人ひとりに合わせたご提案とご案内をさせて頂きます。

温水式床暖房の詳細はこちら
電気式床暖房の詳細はこちら

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

雨漏り修理・屋根リフォーム119番

受付時間:9:00~18:00 メールでのご依頼

屋根のお医者さんがすぐに駆けつけます

小泉板金のスタッフ紹介

ページ先頭へ戻る