ホーム > 知って得する専門知識

知って得する専門知識

最大のポイントは業者選びと申し上げました。
悪徳業者を寄せ付けないために、もう一つ、大きな力となるのが”ある程度の専門知識をもつ”ということです。
正しい情報や知識を把握しておくことで、相手の”嘘”を見抜けるのはもちろん、 判断をより的確に下すための材料になります。
屋根リフォームのタイミング等を以下に記しますので、参考になさってください。

瓦屋根

●10年目
新築時から10年目で、瓦を押さえているしっくいが劣化してきます。この時点で塗り直しをしておくと後の持ち方が違います。 また、しっくいを使用していないものも瓦によってはあります。外的損傷等が無ければこの場合は大丈夫です。

●20年目
瓦のズレが気になる時期です。点検することをオススメします。気象状況や瓦の焼き加減でヒビ割れが起っている場合があります。特に洋瓦は点検が必要です。

●25~30年目
約50%の割合で瓦本体が割れています。屋根の下地まで腐らせる恐れがありますので、この時期の点検は必ずして下さい。この時点ならまだ修理が可能です。

●30年以上
瓦本体がスカスカになり、瓦の質によっては、瓦自体が水を吸い込んでいることがあります。(専門用語で「スモリ」と呼ばれる状態です)。専門の瓦職人に診断を依頼し、一刻も早く、健康な瓦に葺き替えることが重要です。

カラーベスト

もちがよくなったカラーベスト

従来のカラーベストは新築時から約8~10年で、塗装が劣化していました。
ですが、最近は色褪せなどの変化が殆ど見られず、30年相当のメーカーによる実験もクリアする程、品質の良い製品も出回るようになりました。
ご自宅のカラーベストの品質を、住宅メーカーなどに確認しておかれると良いでしょう。


塗り替える際の注意点

さて、8~10年目でカラーベストが色褪せてきた場合、対処法としては

対処法1 塗装
対処法2 葺き替え

2つの方法があります。
塗装の場合は、上塗りが済んだ最終段階で、必ず「縁切り」という作業が必要です。これはカラーベストの繋ぎ目に、塗装によって塗料が詰まったのを取り除く作業です。これを怠ると雨漏りの大きな要因になりますので、絶対にして貰ってください。
その工程を抜いて仕上げる場合も、安請負の業者などによってはありますので、注意してください。

塗装か葺き替えか

一般に塗装の方が葺き替えよりは安くつく、とお考えの方は多いと思います。ですが一概にそうとは言えません。下の例をご覧ください。

Aさん
10年目で塗装 40-50万円(100m²)
30年目で葺き替え 80-100万円
合計 120-150万円

Bさん
10年目で葺き替え 80-100万円(100m²)
(以降30年間メンテナンスフリー)
合計 80-100万円

いかがですか?10年目に1度葺き替えをした方が、10年目で塗装、30年目で葺き替えというケースより、40~50万円もコストが掛からないという計算になります。30年を待たずに住み替えをお考えなら、塗装の方が低コストで済みますが、長く住もうとお考えの場合は、葺き替えの方が結果的に安上がりということも多いのです。

生活スタイルの変化も視野に入れながら、よく検討して賢いリフォームをしてください。屋根材の種類も最近はとても豊富です。信頼できる業者に相談し、建物にマッチした、しかもお財布に優しいリフォーム方法をぜひ見つけてください。

ガルバリウム鋼板

カラーベスト等に代わって近年、屋根材や外壁として脚光を浴びているのが「ガルバリウム鋼板」です。
ガルバリウムとは鉄にアルミ合金を混ぜて作った材料で、耐久性に優れている上、カラーバリエーションも豊富なため、デザイン性の高い外観を実現できるのが特徴です。
また、瓦屋根に比べ軽量なので地震対策にも適している他、最長でメンテナンスが約30年間不要、その割には低コストという嬉しいメリットも持っています。
小泉板金では最低でも0.35ミリ以上の物しか使用しませんが、薄くなれば持ちが悪いのは当然のこと。ガルバリウムへの葺き替えをすすめられたら、その業者がどのくらいの厚みのものを基本的に使用しているかを確かめてみてください。
大体標準で0.35~0.4ミリを使用し、谷部分などは0.4ミリ以上を使用することが定められています。

大手のリフォーム会社と施工会社の違い

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

雨漏り修理・屋根リフォーム119番

受付時間:9:00~18:00 メールでのご依頼

屋根のお医者さんがすぐに駆けつけます

小泉板金のスタッフ紹介

ページ先頭へ戻る