ホーム > 屋根工事豆知識

屋根工事豆知識

「屋根の汚れが目立ってきたけど大丈夫?」「うちの屋根はいつリフォームすればいいの?」など、 ここでは屋根に関するさまざまな疑問にお答えします。

屋根材の分類

日本には様々な種類の屋根材があります。
大まかに瓦系屋根材、スレート系屋根材、金属系屋根材の3種類に分けられます。

瓦系屋根材
瓦(和瓦、洋瓦)、セメント瓦、モニエル瓦

スレート系屋根材
カラーベスト、コロニアル

金属系屋根材
トタン屋根材(亜鉛をメッキした鋼板)、ガルバリウム鋼板屋根材

リフォーム時期

長く家の屋根を保つためには、屋根材にマッチした定期的なメンテナンスや点検が必要です
「リフォームの必要な屋根」「今は必要でない屋根」問わず、無料診断を行っております。少しでも気になったらご相談ください。

瓦系屋根材
(A)瓦・・・メンテナンス(漆喰、締直し等)を定期的にしていれば何十年も持つが、その分維持費がかかる。
(B)セメント瓦(モニエル瓦)・・・15年~20年に1度、塗料が劣化するために塗装が必要。

スレート系屋根材
7年~10年に1度、防水塗装が必要。野地板も20年以上経つと傷んでくるため、葺き替えが必要となる。

金属系屋根材
(A)石粒付ガルバリウム金属屋根、ガルバリウム金属屋根・・・外的要因がなければメンテナンスフリー
(B)トタン金属屋根・・・塗り替えもしくは葺き替えは10年~15年で必要。

ルーフィング

屋根を雨水、湿気から保護する防水シートの事です。屋根材の下から降雨時に雨水が浸水してくるのを防止するのがこのルーフィングです。

野地板

垂木の上に張る屋根の下地板のことです。 ルーフィングをこの野地板に敷き屋根材を葺いていきます。

チョーキング

チョーキングとは、風雨や紫外線などの影響により、屋根、外壁部分の塗膜が劣化した状態のことを言います。白い粉が手で触ると付着することから、この名が付いたとされています。

屋根の面積の計算方法

屋根の面積は、家の面積(建物の延べ床面積)をもとに算出します。
坪数でのみ把握されている方は、下記の換算式を参考に平米数(m²)をお求めください。
(※すでに家の平米数を把握されている方は、そのまま【屋根の面積の概算計算式】へお進みください)

【坪数→平米数への換算式】
家の坪数×3.3=家の平米数(m²)

家の平米数(m²)がわかりましたら、屋根の面積を算出していきます。

【屋根の面積の概算計算式】
家の平米数(m²)×勾配数値※=屋根の平米数(m²)

※勾配数値
・ 勾配があまりない屋根 ⇒ 1.05
・ 一般的な勾配の屋根 ⇒ 1.10
・ 勾配が少し急な屋根 ⇒ 1.20

算出例:1
家の坪数が25坪で、一般的な勾配の屋根
25坪 × 3.3=82.5m² 82.5m² × 1.10(一般的な勾配の屋根)=90.75m²

算出例:2
家の平米数が90m²で勾配が少し急な屋根
90.0m² × 1.20(勾配が少し急な屋根)=108.0m²

屋根の面積、屋根材の種類、家の立地条件によってリフォーム時期、工事費は異なってきます。
「屋根材の特長比較表」を参考にしながら見ていきましょう!

屋根材の特徴比較表

項目/屋根素材 石粒付ガルバリウム金属屋根、ガルバリウム金属屋根 トタン金属屋根 スレート瓦
(カラーベスト、コロニアル)
セメント瓦
(モニエル瓦)
特長 自然石粒仕上化粧鋼板 亜鉛を薄い鉄板にメッキした鋼板。平板と波板があり、日本ではトタンで知られている。錆びや色褪せが発生しやすい。 単価も安く軽量。また施工もし易く、瓦に代わり日本の屋根の主流になった。しかし、やや耐久年数は短い。 日本瓦よりも軽く、単価も安い。耐久性もある。和風と洋風、どちらの外観にもマッチする。 日本古来からの瓦は耐久性に優れており、外的要因で壊れない限り長持ちする。素焼き瓦や陶器瓦など、種類も豊富。
強度 ×
金属なので割れない。 ある程度の強度はあるが、錆びや色褪せなどによる劣化で強度は下がる。 割れやすい。 ある程度の強度はあるが、割れやすい。 ある程度の強度はあるが、割れやすい。
標準耐久年数
50年~100年
30年は保証
10年~20年 20年~25年 30年~40年 50年~100年
kg/1m² ×
非常に軽い7kg 非常に軽い5kg 軽い20kg 重い40kg 最も重い55kg
メンテナンス × ×
外的要因がなければメンテナンスフリー 7年~10年で塗り替えもしくは葺き替えが必要。 7年~10年に1度、防水塗装が必要。20年以上経つと野地板も傷んでくるため、葺き替えが必要となる。 塗料が劣化するため、15年~20年に1度、塗装が必要。 メンテナンス(漆喰、締直し等)を定期的にしていれば何十年も持つが、その分維持費がかかる。
平米単価 ×
約6,500円~8,500円
種類によって価格が異なる。
約5,000円~約6,000円 約4,500円~5,500円
種類によって価格が異なる。
約8,000円~10,000円
種類によって価格が異なる。
約10,000円~15,000円
種類によって価格が異なる。
デメリット 扱っているところが少ない。 耐久年数が短いため、その都度ランニングコストがかかる。雨音がうるさい。 ランニングコストが非常にかかる。定期的にメンテナンスが必要。 定期的にメンテナンスが必要。 地震に弱く、初期費用も高い。また重量があるため家屋への負担が大きい。

屋根は風雨や紫外線から家を守る大事な部分です。
家を長持ちさせるのは適切なメンテナンスです。放置すると屋根材や家の老化、腐食が進み、思わぬ失費を伴う事も・・・。
小泉板金では「リフォームの必要な屋根」「今は必要でない屋根」問わず、無料診断を行っております。
大切な家族を守る「屋根」を通じて、少しでも多くの方々へ幸せと安らぎをお届け出来ればと思います。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

雨漏り修理・屋根リフォーム119番

受付時間:9:00~18:00 メールでのご依頼

屋根のお医者さんがすぐに駆けつけます

小泉板金のスタッフ紹介

ページ先頭へ戻る